2012年11月03日

【制作日誌】エピソード1 ~素ボケってこんなんだよね~

こんばんわ。まゆゆです。
今回は制作現場で起こった事件を紹介します!

第一弾は助監督の瀬木凍さんからいただいたエピソードです。



* * *



まず初めに、
本編で岩下さんがある人から「ケンケン」と呼ばれます。
そのことを踏まえての会話となります。




エピソード
とある日、フォリアの集会にて

まゆゆ「一之瀬が岩下と対面するところって、どんな感情なんですかね?(・_・?)」
塚原「一之瀬は刑事で、岩下は犯罪者だからね、それ以外にも二人には因縁あるからいい雰囲気じゃないよ」
あづきっさ「やっぱりピリピリした感じってこと?」
塚原「そうそう」
瀬木凍「なるほど・・でしたらこの辺りの一之瀬さん、岩下さんに対して『つんつんけんけん』してそうですよね」
まゆゆ「えっ?( ̄ー ̄?)」
あづきっさ「・・うん?('_'?)」
塚原「お・・おう・・・(・・∂)アレ? 」
瀬木凍「・・・?どうかしました?」
塚原「どうって・・・」
あづきっさ「あのさ・・それギャグ?」
瀬木凍「はい?」
あづきっさ「いやっ、だから『つんつんけんけん』、『ケンケン』!」
瀬木凍「・・・・・・・ハッ!?Σ(゚Δ゚*)」
まゆゆ「気付くの遅っ!!Σ( ̄ロ ̄lll) 」

現場はあわただしくも楽しくやってます♪
私はギャグで言ったつもりはまったくありませんっ!
突っ込まれるまで本気で気がつきませんでした・・・。

「ケンケン」がどこで出るかは・・・どうぞお楽しみに!



* * *



瀬木凍さん、さすがはボケ担当!
本編で岩下さんがどこかでケンケンって呼ばれてるんですね~
そう呼ばれてるのを聞いて、ひとみちゃんが「ぷぷー」って笑ってます。嘘です|д゚)
次回も乞うご期待!



☆フォリア内のコメント

あの時は、ホント、どう言っていいのか困りました。
突っ込んだらいいのか、スルーすればいいのか。
いい子なんですけど……常から、こういう素ボケする子ですけど!!
いい子なんです!!

とある村人A 塚原より




posted by 劇団フォリア at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。