2012年11月12日

【制作日誌】エピソード2 ~スクープ! 水島の恋人とは?~

こんばんわ。まゆゆです。
今回、監督&作者の塚原さんから面白エピソードを頂きました!



* * *



某月某日某所にて。
台詞に間違いがないかチェックしている時、事件は起こった。

霧花「じゃあ台詞読みまーす (*゚▽゚)ノ」
塚原「おー」
霧花「『そうですよね、刑事の年なら恋人の一人や二人いてもおかしくないですから。
   ところでは気が強い方ですか? それとも、おしとやかなタイプですか?』 
   ……ふう」
あづきっさ「……」
塚原「……ん?」
霧花「んみゅ?(・_・?)」
塚原「……?( ̄ー ̄?)」
霧花「あれ? え? わ、私、間違えた?」
あづきっさ「っぶ……もー、塚原さん、やめてくださいよ、我慢してたのに!(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆」
霧花「え? え? え??」
塚原「この台詞、一之瀬が水島に対して言うんだけど、
   は気の強いほうですかじゃなくて、彼女はなんだ。
   いやぁ、水島は彼氏もちかぁ……原作者、衝撃の事実だ」
あづきっさ「印刷してきた台詞、折り返しの部分が切れてたね……そーいえば \(o ̄∇ ̄o)/」
霧花「先にいってよー!!Σ(゚Δ゚*)」
塚原「んー、水島に彼……キモイな」
あづきっさ「当たり前でしょΣ\( ̄ー ̄;)」
霧花「わーん 。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。」



* * *



一文字で台詞がえらいことになるいい例でしたねー
次はどんな事件が起こるのでしょうか。
乞うご期待!


☆フォリア内のコメント

水島さんに一体何がっ!?両手に花の本編とは少し違った展開となっていますね。
たった1つの台詞違いで、大変な結果になるという教訓ですね・・・。
霧花さん、泣かないで下さい!読み間違いなんてよくあることですよ!・・・多分・・

ボケ担当 瀬木凍


ありのまま起こったことを話します。
「彼女」と書かれているはずだったそこには「女」が綺麗に消えて「彼」となっていた。
何を言っているのかわからないと思いますが・・・本当にそうだったんです。
ええ、そうです。何も疑いもなかったんです。
しかもちょっと遊び心で演じよう補正が入って
真面目な女性だから淡々と読んでました。
そして何故かそれをいわしさんを思い浮かべて言ってました。
堂々と読み上げてたから余計に穴に入りたいです・・・・・

今からいわしさんと戦ってきます。 霧花



posted by 劇団フォリア at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。